インサイダーゲーム

○頭脳戦 ★★★☆☆

○運要素 ★★☆☆☆

○計算力 ★☆☆☆☆

○交渉力 ★★★★☆

○洞察力 ★★★★★

『簡単なルール説明』

このゲームでは、初めにランダムでマスターとインサイダーが選ばれます。残りのプレイヤーはコモンという役職になります。役職が決まれば、マスターが私は誰だクイズを出題します。インサイダーとコモンはマスターに「はい」か「いいえ」で答えられる質問を繰り返し、5分以内に正解しなければなりません。正解したあとは、インサイダーを見つける投票タイムです。インサイダーは、実は答えを知りながら質問をしていたのです。投票でインサイダーを見つけられるとマスター、コモンの勝ち。見つけられなければインサイダーの勝ちになります。

『簡単な戦略』

マスターが出すクイズには5分という時間制限があります。そのため、インサイダーは核心に迫るような質問をしなければ、クイズに正解することは困難です。しかし、インサイダーは自分の正体を知られてはいけないので、無知なフリをするでしょう。マスターやコモンは、不自然に鋭い質問や、あえて答えを言わずに遠回りなことを言っている「怪しい」発言を見逃さないようにしましょう。

『教材の目的』

相手の気持ちを考える力を養います。相手の気持ちを考える秘訣は、相手の立場になって考えることです。インサイダーゲームでは、マスター・インサイダー・コモンという役職をゲームをするたびに入れ替えて遊びます。自分がその立場になったことがある状況を簡単に作れるので、相手に気持ちを考える練習にもってこいです。